市場について


野菜・鮮魚・肉と三拍子そろった豊富な食材が揃います!

「伊丹市公設市場」では、野菜や米、季節ごとの特産物、植木苗木、花など、地元でとれた新鮮で安全・安心な農産物を販売しています。
鮮魚店や精肉店もあり、野菜・鮮魚・肉と三拍子そろった豊富な食材が揃います。

業者さんだけでなく、一般の方もご来場、お買い物いただけ、市場内で食事を楽しむこともできます。

食材いっぱい、楽しさいっぱいの公設市場に是非お越しください。

「新鮮な食材をご家庭に 食・農・プラザ」(2015年6月1日号市政情報)

伊丹市広報番組「伊丹だより」2015年6月1日号市政情報にて、伊丹市公設市場〜食・農・プラザ〜が紹介されました。

伊丹市公設市場の沿革(概要)

昭和40年3月に市民の食生活の安定を図るため、安価で良い商品を供給する市民の台所「伊丹市総合卸売市場」として現在地に開場。

昭和61,62年に市場の全面改修を行い、市場機能の充実を図ってきました。

平成20年には農産物直売所「スマイル阪神」をオープン。阪神間の都市農業の拠点として事業展開中です。

平成27年には、伊丹水産株式会社小売店舗がリニューアルオープンし、集荷場および冷蔵倉庫の再整備を実施。伊丹市公設市場「食・農・プラザ」として、従来の市場機能・都市農業の拠点施設としての機能の更なる充実を図っています。

伊丹市総合卸売市場 昭和19年7月 卸売市場を設置。
*場所は、元小西酒造株式会社本社敷地内
昭和25年9月 名称を「伊丹市総合卸売市場」に変更。
昭和40年3月 現在地に「伊丹市総合卸売市場」を開設。
伊丹市公設地方卸売市場 昭和48年1月 名称を「伊丹市公設地方卸売市場」に改称。
昭和50年11月 冷凍冷蔵倉庫が竣工。
昭和61年10月〜昭和62年7月 市場施設の全面改修工事。
平成12年9月〜平成13年3月 冷凍冷蔵倉庫の大規模改修工事。
平成18年4月 青果部卸売業者伊丹産業株式会社撤退。
伊丹市公設卸売市場 平成20年7月 地方卸売市場を廃止し、その他の卸売市場として開設し、「伊丹市公設卸売市場」に改称。
平成20年11月 農産物直売所「スマイル阪神」オープン。
平成21年10月 JA兵庫六甲阪神営農総合センター、兵庫県伊丹地域普及所が宝塚市から移転。
平成22年4月 ひょうご都市農業支援センターを開設。
伊丹市公設市場 平成27年4月 卸売市場を廃止し、その他市場として開設し、「伊丹市公設市場」に改称。
平成27年5月 伊丹水産株式会社小売店舗リニューアルオープン
平成28年2月〜 集荷場および冷蔵倉庫の再整備を目的とした改修工事を開始。